空家整理

空き家となってしまっているお家の家財道具の整理

相続により、空き家を所有する事になってしまい、突然のことで何をどうしていったらよいのか?
お家の中には家財道具も残されたまま…。
レリックでは、空き家問題に対し、家財の整理はもちろんですが、空き家管理から不動産活用など、様々なお悩み事のサポートをさせて頂きます。

深刻な空き家問題解決のためのお手伝い

空家整理とは、平成27年5月26日より施行された空家対策特別措置法により、空家となってしまったお家の残置物を整理する事を言います。
突然、空家を所有する事となり、何をどうして行ったらよいのか分からない事が多くあるかと思います。
レリックでは、これまで培った各種整理清掃サービスと、関係各社との連携により、お客様のお困り事に親身になって、トータルサポートさせて頂きます。

空き家問題空き家問題

空家整理では、基本的な作業内容は生前の想い出整理・遺品整理と変わりはありませんが、突然不動産を所有・相続することとなった場合にどうしたらよいのか?
残っている家財を処分したいが、どこに何が保管されているかもわからない…など、多くの悩み事があるかと思います。

1部屋ずつの整理から、お家全体の整理までを、しっかりとサポート致します。

空家による様々な悩み…

  1. 防災性の低下…倒壊、崩壊、屋根・外壁の落下、火災発生の恐れ
  2. 防犯性の低下…犯罪の誘発
  3. ゴミの不法投棄
  4. 衛生の悪化・悪臭の発生…蚊、蝿、ねずみ、野良猫の発生・集中
  5. 風景・景観の悪化
  6. その他…樹枝の越境、雑草の繁茂、落ち葉の飛散等

空家等対策の推進に関する特別措置法

国土交通省より、平成26年11月27日に、空家等対策の推進に関する特別措置法が公布されました。平成27年5月26日より各規定等も施行されました。
その背景には、空家の適切な管理が行われておらず、防災面・衛生面・景観面など、近隣住民への生活環境に深刻な影響を及ぼしている所から始まり、平成25年には、全国約820万戸の空家があるとされ、401の自治体が空家条例を平成26年10月に制定しました。

これまでの税制内容では、空家を更地とした場合、建物があった時と比べて、約6倍の固定資産税がかかる事となり、空家問題の要因となっておりました。
しかし、政府は上記の特別措置法により、特定空家に指定された場合は、建物の修繕や解体等が勧告される事となり、その勧告に従わなかった場合には、以前の税制内容である、更地同様の固定資産税がかけられることとなります。

空家となってしまった物件では、売却・賃貸などが先ずもっての方法と考えますが、売却・賃貸の出来ない状態の物件については、解体となるケースがほとんどであります。

空家整理空家整理

この様な問題の中、レリックでは、これまでの生前の想い出整理・遺品整理で培ったサービスを最大限に活かし、空家となっているお家に残されたままの家財や想い出の品物を、丁寧に整理させて頂きます。
また、空家となってしまったお家の家財整理後に、売却・賃貸までがいつ頃になるかも定まっていない場合に、定期訪問させて頂き、水道・電気等を通し、建物内の換気・室内清掃・家屋周辺の清掃を行わせて頂きます。

管理水準の低下した空き家や空き店舗の周辺への影響

管理水準の低下した空き家や空き店舗の周辺への影響
※国土交通省による全国1,804全市区町村を対象とするアンケート(H21.1)結果(回答率67%)

定期訪問サービス料金

作業内容 料金
水道・電気等の定期的な使用
家屋内外の定期清掃
家屋の定期換気(室内全体へ風を通します)
家屋の状況報告・サービス実施内容報告書
月額/10,000円~ 地域により変動有り
その他のサービスは要相談 別途お見積りさせて頂く場合があります

空家等の定義とは…

建築物またはこれに付随する工作物であっても居住その他の使用がなされていない事が、状態であるもの及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む。)を言う。
但し、国または地方公共団体が所有・管理する物を除く。

特定空家等の定義とは…

  1. 倒壊等著しく保安上危険となる恐れのある状態
  2. 著しく衛生上有害となる恐れのある状態
  3. 適切な管理が行われない事により、著しく景観を損なっている状態
  4. その他周辺の生活環境の保全を図る為に放置する事が不適切である状態にある空家を示す。

財政上の措置及び税制上の措置等

市町村が行う空家等対策の円滑な実施の為に、国及び地方公共団体による空家等に関する施策の実施に要する費用に対する補助、地方交付税制度の拡充を行う。
この他、今後必要な税制上の措置等を行う。事とされております。

お困り事…

  1. 親御様が施設へ入居若しくはお亡くなりになられ、空家となってしまうお家をどのようにしたら良いのか…?
  2. どこに貴重品が保管されているのか分からなくて困っている…
  3. 相続により、急に空家を所有する事となってしまった…
  4. 遠方に住んでおり、空家となったお家の管理が出来ない…
  5. 相続税・固定資産税について、知識が無く、どの様にしたら良いのか分からない…

種類別の空家数の推移

種類別の空家数の推移
(参考)空家の種類
二次的住宅:別荘及びその他(たまに寝泊まりする人がいる住宅)
賃貸用又は売却用の住宅:新築・中古を問わず、賃貸又は売却のために空家になっている住宅
その他の住宅:上記の他に人が住んでいない住宅で、例えば、転勤、入院などのため居住世帯が長期にわたって不在の住宅や建て替えなどのために取り壊すことになっている住宅など

定期訪問・サービス内容

【各種相談サービス】

空家管理・活用・修繕・解体の専門員による無料相談
賃貸活用に対しての、無料相談
部分修繕・リフォームに対しての無料相談
解体業者・不動産業者のご紹介及び運用相談

【定期訪問・管理サービス】

水道・電気等の定期管理
家屋内外の定期清掃
家屋の定期換気・通風
家屋の状況及びサービス内容の報告書提出
その他、要相談
月/10,000円から
地域により要相談

注意

害虫等発生時には、報告書若しくは電話連絡にて、対応方法を決めさせて頂きます。(シロアリ・ネズミ・ハエ・野良猫等)
樹木の剪定等、別途基本サービス外の内容を施工する場合は、都度見積りを提出させて頂きます。
サービスの一時停止及び解約については、原則として停止希望日及び解約日の 1ヵ月前に電話若しくはメールにて通知ください。

レリックは年中無休・24時間受付・お見積り無料

フリーダイヤル 0120-12-4488

メールでの無料お見積り

レリックの作業対応エリア

遺品整理・特殊清掃対応エリア

株式会社レリック
TEL 0120-12-4488 メールでのお見積り このページのトップへ

メニューtel:0120-12-4488お問い合わせこのページのトップへ